つむじハゲ ストレス

「つむじハゲ=ストレス」だけではない!

人はストレスを感じることで、生きていく上で重要な血管の収縮や心臓の働きを促進する働きがある「交感神経」が活発になります。

そうすると筋肉が引き締まって血管が筋肉に締め付けられてしまうことで、血管が細くなってしまう「血行不良」という状態に陥ってしまいます。

頭皮には血液が流れているため、血液の流れが悪くなってしまうと髪が生えにくくなってしまいます。

髪が生えにくくなるということはつむじハゲの原因になるともいえますが、実はストレスだけが原因はありません!

ストレス以外の原因はズバリ「生活習慣の乱れ」

毎日1人1人のペースがある生活習慣。何時に食事をとるか、何時に就寝するかなどは習慣化されやすく、すぐに変えることは難しいですよね。

 

すぐに改善するのが難しい生活習慣は、つむじハゲの原因にもなり兼ねません。

なぜかというと、毎日偏った食生活を送っていたり、短時間の睡眠しかとっていないと身体に負担をかけ続ける状態になります。

そうすると体調を崩すことがあるように、髪にも負担になってしまうからです。

しかし、寝る時間を増やすために仕事を辞めるわけにはいきませんし、毎食のカロリーや栄養素を計算して食事をとるのは無謀な話ですよね。

また、生活習慣を変えなくてはいけないと思うことでストレスに感じてしまう場合もあります。

それなりのリスクがある可能性を考えると、生活習慣の改善が必ずしもいいとはいえません。

改善することに比べると、育毛剤のようにいつもの生活に+αするだけで改善することができる方が簡単ですし、早い改善を見込むことができますね!

 

1日に3食の食事をとるときに毎回栄養素を考えて食事をとるのに比べると、1日1回育毛剤を使用する方が簡単なだけではなく、時間もかかりません。

毎日の習慣化としても育毛剤を使用する方が断然楽ですし、持続しやすいですね。

生活習慣のうちの1つ「睡眠不足」

睡眠障害や不眠など、最近ではニュースでも取り上げられることが多い「睡眠不足」。

遅くまで残業をしなくてはいけなかったり、夜勤や早朝からの仕事でなかなか長く眠りにつくことができない人から、うまく寝付けなくてぐっすりと熟睡できない人など、さまざまな「不眠」があります。

 

人は睡眠をとっている間に「成長ホルモン」というホルモンが分泌されます。

成長ホルモンは髪を作るための代謝が行われるホルモンなので睡眠はとても大切です。

そんな成長ホルモンは単純に寝るだけで上質な成長ホルモンが分泌されるわけではなく、夜の10時~2時の間に1番分泌されるといわれています。

しかし、仕事をしている以上、絶対に毎日夜10時頃から寝付くことができる人は少ないですよね。

特に夜勤の仕事をしている人は絶対にその時間帯に寝ることはできません。

仕事をやめてまで寝ることはできませんし、毎日10時に寝ることができないことから、諦めるよりも育毛剤を毎日使用することがオススメです。

10時に寝ることで成長ホルモンが分泌されやすくなりますが、さらに成長ホルモンを促す好条件として上質な眠りにするためには、日中に日光を浴びて「セロトニン」というホルモンを分泌する必要があります。

「セロトニン」は睡眠時に深い眠りにつかせてくれる「メロトニン」というホルモンに変化するので、日中の日光浴も必要だといえますね。

休暇に外出するのは簡単なことかもしれませんが、毎日日中に日の光をしっかりと浴びるのは外仕事でない限り難しいですね。

室内での仕事でしたら当然長く日の光を浴びることはできませんし、営業で外回りをする人でもあまり日の光を浴び続けることはありません。

 

単純に睡眠時間をとることも難しい人が多い中、成長ホルモンの好条件を満たす環境で生活している人はもっと少ないことがよくわかると思います。

毎日日光浴をし、しっかりと10時には就寝できる人の方が少ないことを考えると、毎日育毛剤を数分もかけずに行うことの方が現実的だといえます。

育毛剤を使用する方が断然持続しやすいともいえますね!

生活習慣のうちの1つ「栄養不足」

毎日の習慣のうちの1つでもある「食事」。

髪のパサつきや切れ毛、抜け毛などにも関係しやすいのが「栄養不足」です。毎日の食事は身体の一部である髪にとっても、とても重要だといえます。

その中でも髪にとって重要視される栄養素は、「タンパク質・亜鉛・ビタミン類」だといわれています。

この3つの栄養素を1日3食の食事で必要分摂取するのは、食べ物のカロリー計算をグラム単位でしっかりと行わない限り難しいといえます。

 

また、この3つの栄養素をたくさんとったからといってつむじハゲが改善されるというわけではありません。

栄養素には必要摂取量が決まっているため、あくまで重要視されている栄養素を必要分とることで生えやすい環境に少しずつ改善してくれるということなので、バランスの良い食生活を毎日送ることがとても大切だといえます。

毎日グラム単位で計算をして食事をとるのは、毎日忙しく働いている人にとって簡単なことではありませんよね。

毎回栄養バランスを考えた食生活を送ることはなかなか難しいだけではなく、カロリーや食事制限などを行うことによってストレスに感じる場合もありますし、必ずしもつむじハゲが完璧に改善されるといったわけではありません。

特に「すぐ」改善できるわけではないので、食生活を見直したのになかなかいい結果に結びつかないと感じる人も少なくないでしょう。

育毛剤なら毎日決まった量を使用するだけで結果を出しやすいので、何年もかけて少しずつつむじハゲを改善するよりも手軽に、手早く改善を期待できますね!

あなたも知らない間につむじハゲ予備軍になっている?!

年齢と共に白髪が気になって小まめに行うことが多い「カラーリング」、お洒落のために行う「パーマ」は髪や頭皮に対してのダメージが大きく、つむじハゲの原因になりやすいといわれています。

3~4ヶ月に1程度のカラーリングならいいといわれていますが、生え際や日々増えることで気になりやすい白髪は染め直したり小まめな手入れをしたくなりますよね。

現代では低刺激のカラー剤や、カラーの持ちをよくするシャンプーなどはありますが、それだけでは完璧にダメージを回避することはできません。

カラーリングを辞めて白髪塗れになるわけにはいきませんし、かといってつむじハゲにはなりたくないですよね。

育毛剤でお手入れをすればカラーリングも白髪もあなたの敵ではありません!

 

また、カラーリングをしないという人でもつむじハゲ予備軍になってしまうことがあります。

それは毎日の「シャンプーの仕方」です。

毎日髪を洗うときに爪を立てて洗ったり、力を入れて知らない間に頭皮にダメージを与えている場合があるんです!

清潔に保ち続けるためのシャンプーがつむじハゲの原因を自分で毎日作っていたら悲惨ですよね。

しかし、気を使って優しく洗うように心がけるのは習慣を変えることなのでなかなか大変なだけではなく、何十分もかけて髪を洗い流すのは時間や労力、水道代がかかります。

非現実的ともいえますし、お金をかけてでも育毛剤を購入した方がお財布にも優しいといえますね。

毎日人が何気なく行っている「生活習慣」は、何年も同じことを繰り返しているので変えることはなかなかできません。

また、生活習慣を変えようとすることがストレスに感じてつむじハゲの原因になってしまう可能性もあります。

そういった点でも育毛剤を毎日コツコツ続ける方が目でわかるくらいの変化をいち早く感じることができます。

毎日の生活を変えることなく、つむじハゲを改善できれば快適によりよい生活を手に入れられますし、目に見える変化を手に入れることでストレスも一緒になくすこともできますね!

気になる「育毛剤」については、こちらを参考にするのがオススメです!

つむじハゲの原因と見分け方!オススメな対策は市販より効く育毛剤(ランキング有り)
つむじハゲの原因と見分け方!オススメな対策は市販より効く育毛剤(ランキング有り) 1位:チャップアップ 2位:イクオス 3位:ブブカ 4位:ポリピュア <女性用> 1位:マイナチュレ 一択。...

コメント