つむじハゲ 原因 男性ホルモン

自分のつむじは正常なのだろうか?気になり出したら毎日そこばかりに意識がいく。なんだか皆が自分の頭頂部ばかり見ている気がする・・・

そんな日々を過ごしているようでしたら、すぐにでもつむじハゲ対策を始めましょう!つむじハゲは早めの対策が肝心です。

だって、5年後には今のつむじが見る影もない状態になってしまうんですから。

つむじハゲの原因は3つ

つむじハゲの原因は大きくわけて3つです。

・AGA(男性型脱毛症)

・血行不良

・悪い生活習慣

AGA(男性型脱毛症)

ハゲ、薄毛といったらAGAですよね。男性ホルモンのひとつ「ジヒドロテストステロン(DHT)」が原因の男性型脱毛症のことです。

ハゲの原因の9割はAGAというのは、もう常識です。

でもAGA=男性ホルモンが多いって思っていないですか?AGAの原因であるジヒドロテストステロンは確かに男性ホルモンです。

ジヒドロテストロン=テストステロン+5α-リラクターゼ還元酵素

テストステロン・・・育毛ホルモン。髪の毛の材料であるタンパク質を合成する働きがある。健康的な髪のために重要なホルモン。
5α-リラクターゼ還元酵素・・・男性ホルモンのサポーター。テストステロンを補助する役割がある。男性として健全な体をつくるために必要な存在。
ジヒドロテストステロン・・・脱毛ホルモン。髪の毛の「抜ける→生える」のサイクルを早めてしまう男性ホルモン。AGAの原因である他、性欲の減退や髪の毛以外の毛(ヒゲや体毛)を濃くするとも言われている。
AGA対策のポイントは、脱毛ホルモンのジヒドロテストロンの生成を抑えるということです!ただやみくもに男性ホルモンを抑えればいいというわけではないんですね。

血行不良

健康な髪の毛=タンパク質や亜鉛などの栄養分+酸素です。栄養分や酸素を毛根に届けてくれるのは、そう血液なんです。

血液の流れが順調だと栄養分も酸素もどんどん届きます。栄養が届けば元気で太い髪の毛がグングン育ちます。では血行不良になってしまったら?

栄養分も酸素も毛根に届きにくくなるので、元気な髪の毛が育つわけないですよね。結果ハゲにつながります。

毎日仕事でへとへとの体は肩・首が凝ってませんか?背中・腰は?

パソコンとのにらめっこ続きで眼精疲労もあるかもしれないですね。

部下に頭を悩ませてストレスが溜まっている人もいますよね。実はこれら全て、血行不良が起きている状態なんです。

悪い生活習慣

睡眠不足、偏った食生活、タバコやお酒、ストレス・・・良くないと言われる生活習慣は、つむじハゲにとってメリットが何一つないんです。

乱れた生活リズムはホルモンバランスを乱れさせます。ホルモンバランスの乱れは、AGAの原因になるジヒドロテストステロンを増加させる要因にもなります。

 

偏った食生活では髪の毛の成長に必要な栄養素=タンパク質やビタミン・ミネラルが不足します。

お酒が過ぎればアルコールの分解にビタミン・ミネラルを使ってしまいます。ただでさえ偏食で不足している栄養が髪の毛に使われません!

タバコは、髪に必要な栄養素を毛根に運ぶための血液の流れを邪魔します。

 

普段の生活でついついやってしまうことが、こんなにつむじハゲに影響を及ぼしているなんて恐ろしくないですか?今のままではつむじハゲは止められないんです。

つむじハゲのために「今」できることは何か

世界的な製薬会社米国メルク日本法人MSD製薬のハゲに関するある調査結果があります。なんとAGAの人は5年間で髪の毛が約30%減るんです!恐ろしいですよね。わたしたちアラフォー世代にとって5年間ってあっという間です。つむじハゲはAGAなので、5年後には今ある髪の毛の3割がなくなるんですよ。

AGAは髪の寿命が早まる

人の一生のうちで髪の毛が生え変わる回数は決まっています。AGAの場合、通常の2〜10倍早く髪の寿命がきてしまいます。

2〜10倍って幅広いですよね。ストレスが多い、運動不足、栄養不足などの人は髪の寿命は10倍早く、週に1〜2日筋トレをしていたり、息抜きできる趣味を持っている人などは2〜4倍程度です。

つむじハゲは、頭頂部からだんだん髪の毛が薄くなってじわじわハゲていきます。いわゆるザビエルハゲです。髪の毛が太く立派に育つ前に「抜ける→生える」を繰り返していくんです。だんだんとやせ細った髪の毛はやがて生え変わりの上限に達し …生えなくなります。

つむじハゲになったら、髪の毛の30%が5年間であっという間になくなります。そうなったらどうやって隠します?かつらか、帽子か、はたまたスキンヘッドにするか…。

諦めるのは簡単

ハゲの原因は遺伝だと諦めている人も多いですよね。諦めるのは簡単ですが、つむじハゲは自分だけの問題じゃなくなるかもしれないんですよ?原因を正しく知らないまま諦めますか?それとも、自分はまだ大丈夫と根拠のない自信でなにも対策しないんですか?

少しでも早くつむじハゲに対策の手を打てば、まだまだ生えるチャンスは残してあげられます!

女性ホルモン注射はつむじハゲに効くのか?という声を時々耳にしますが、答えはNOです。男性に女性ホルモンを投与しても、体型がふっくらと女性らしくなったり、筋肉が減ったり、男性としての生殖機能が失われたりという変化が起きるだけです。

AGAの原因=ジヒドロテストステロンを抑制する方法

つむじハゲを食い止める一番の対策、もうおわかりですよね?
そう、「ジヒドロテストステロン」を抑制することなんです。
AGAの原因であるジヒドロテストステロン。この生成には確かに遺伝的な原因もあります。でも待ってください。このジヒドロテストロン、自分の努力次第で抑制することができるんです!

専門機関での治療はコストが高い

もうAGAなら専門機関でしょ、と思いますか?なぜですか?CMでやっているから?
ちょっと一緒に考えてみましょう。AGA治療は専門クリニックでも皮膚科でもおこなっていますが、保険適用外の治療になります。
治療は「投薬」「薬剤注入」「自毛植毛」のいずれかです。一番コストがかからない投薬治療でも、費用相場は月15,000〜17,000円です。毎月ですよ?効果に自分が納得するまで続きます。
自毛植毛になれば治療は1回きりが基本ですが、コストは100万円前後です。
そこまでお金かけられますか?家族に言わずにやるのか、言ってやるのか、どちらにしろコストは大きな壁です。

血行改善・生活習慣の見直しは難しい

生活習慣の見直しや血行促進などはホルモンバランスを整えるので、ジヒドロテストロンの生成を抑える効果があります。
でもですよ?血流改善のために、毎日湯船につかって、首と肩マッサージして、目にはホットアイマスク乗せたりして。始めはいいかもしれませんが、いつまで続けますか?
髪の栄養のために、お酒減らすぞ!タバコもやめる!脂っこい食事やめてヘルシー志向に!そんな決意をしたものの、上司や得意先の接待、後輩とのランチ、週末は家族のイベント…
忙しくて、疲れも溜まって、ついお酒が増える。やめてたタバコに手が出る。睡眠不足の体にスタミナをと、『カツ丼』『がっつり焼肉弁当』みたいなパンチの効いたランチを食べる。
決意は決意のまま、習慣だからこそ変えるのがなかなか難しいのが現実です。
むしろ家族の予定や後輩との交流があるならまだいいほうです!もしもつむじハゲが進行していけば、妻や娘から「キモい」「かっこ悪い」と鬱陶しいがられるかもしれません。後輩からは「あんな上司にはなりたくない」と蔑まれるかもしれません。もしかしたら大事なプレゼンでイケメン爽やかな若手ホープに見た目の印象の差で負けるかもしれません。

血行改善や生活習慣の見直しというのは、手軽に始められるように感じます。でも実際いつまでやれば、どれくらい効果があるんですか?そうです、つむじハゲを食い止めるためのほんの微々たる効果にしかならないんです。

だってそれが一番手軽で確実な方法なら、この健康と美容ブームの世の中でハゲの進行を食い止める生活習慣、みたいな指南書がベストセラーになっていてもおかしくないじゃないですか。

コスパ重視の人は知っているつむじハゲ対策法

ハゲに外側からアプローチしてくれる育毛剤の働きは知っていますか?血行促進や髪の毛の材料であるタンパク質の生成をサポートしてくれるんですよ。忙しい日常にも取り入れやすいケア方法です。1日あたりスタバのコーヒー1杯分から始められるものもあります。
効果に関しては、口コミサイトやYahoo!知恵袋、twitterなどで検索すればわんさかでてきますよ。3ケ月前後で効果を実感している声をよく目にします。
フィナステリドオウゴンエキス。真剣につむじハゲの改善や予防に取り組んでいる人なら当たり前の単語です。知らなかった人は、今この場ですぐ頭に入れてください!どちらもジヒドロテストステロンの生成を予防する効果のある成分ですよ!配合されている育毛剤を選べば、AGAの進行を食い止めることもできます。
いち早くその存在を確かめたい人はこちら→「つむじハゲにオススメの育毛剤ランキング

まとめ

つむじハゲは気になったときに即対策をとることが吉!対策法があるのに何もしていないのは真剣に考えていないか、無知なだけです。今できることからはじめて、つむじハゲを食い止めましょう。

コスパ重視のあなたにおすすめ→「つむじハゲにオススメの育毛剤ランキング

コメント