つむじハゲの病院は皮膚科じゃない!何科に行けばOK?効果や費用、保険適用の有無もまとめました

つむじハゲの治療・対策

お金も時間もいくらでもあるんだ!という人には、つむじハゲの改善には皮膚科よりもAGA専門クリニックがお勧めです。けれど例えば身近な友人につむじハゲの治療法を聞かれたら、皮膚科+育毛剤の合わせ技が現実的で最もおすすめだと私は答えます。

つむじハゲの治療法について解説します。

つむじハゲの治療にはヘアサイクルの改善が重要

つむじハゲの治療に重要なのは、

・抜け毛の進行を遅らせること

・育毛促進

の2つです。

つむじハゲの9割は、抜け毛ホルモン(ジヒドロテストロン)が原因のAGAです。つむじハゲとAGAの関係を詳しく知りたい人は→「つむじハゲ 原因 男性ホルモン」

通常の成人男性の頭髪は、個人差があるものの約10万本生えているんですが、毎日50本前後が自然に抜ける一方で、50本前後の新しい毛が成長しています。

ところがAGAになると1日に100〜200本抜けたりすることがあるんです。これは抜け毛ホルモンがヘアサイクル(毛が生えてから自然に抜けるまでの周期)を乱すからです。

抜け毛ホルモンの影響で抜け毛は増える、なのに新しい毛はなかなか成長しない状態になります。

ヘアサイクルの改善には生活習慣・ストレス・頭皮環境などのケアはもちろん大事です。とはいっても抜け毛ホルモンをダイレクトに抑制する方が断然効果的です。

抜け毛ホルモンがある限りヘアサイクルは乱れたままで、生えている毛は抜け、新しく生まれる毛も太く長く成長しきらないまま抜け落ち、頭皮には細く短い頼りない髪の毛ばかりになっていくのです。

専門クリニックでは、抜け毛ホルモンの働きを弱めるための治療に加えて、育毛促進も同時に受けることができます。

つむじハゲの治療法は3パターン

 

 

 

 

 

専門クリニックと皮膚科では、治療内容も金額も異なります。一般的に治療の効果が見られるまでに3〜6ヶ月、そこから自分が納得いくまで治療は続きますので長期戦です。

お金も時間も必要になります。

治療法① 投薬治療

投薬治療は、つむじハゲの改善に重要な「抜け毛の進行を遅らせること」と「育毛促進」の2点を押さえていて、もっとも一般的な治療法です。最適な薬は2種類です。

①フィナステリドやデュタステリドを含む内服薬:抜け毛ホルモンを抑制する
価格:1万円前後/月
②ミノキシジルを含む内服薬や外用薬:育毛効果
価格:6,000〜1万円/月

専門クリニックでは2種類の投薬、皮膚科では抜け毛ホルモンを抑制する薬のみの処方がほとんどです。投薬治療は即効性はないものの、他の方法に比べて圧倒的に手頃な価格でできる治療法です。負担が大きくないため、継続しやすいというメリットがあります。

ミノキシジル:もともと血管拡張薬として開発された成分。のちに発毛効果があることが発見されたものの、まだ国内では発毛効果の医療用医薬品としては認可されていない。

治療法② 注射治療

メソセラピー療法:有効成分を頭皮に注入
価格:2万〜10万円/月
HARG療法:成長因子の注入により毛母細胞活性化。毛髪再生医療。
価格:8万〜20万円/月
投薬よりも高い効果が得られると謳われていますが、実際に医学的根拠は得られていない治療法です。専門クリニックで選択できる治療法で、一般的な皮膚科で実施されることはまずありません。

治療法③ 植毛

人工毛植毛:定期的なメンテナンスが必要。術後のトラブルのリスクがある。
価格:50万円前後
自毛植毛:薄毛が進行していない部分の自分の毛を移植する。メンテナンス不要。
価格:30万〜300万円

自毛植毛は頭皮にメスを入れるため、技術が必要な治療法です。一般的な皮膚科ではほとんど実施しておらず、専門クリニックでできます。即効性はありますが、外科的リスクが伴います。

薄毛治療は保険が効かないから高い

皮膚科も専門クリニックも、医者が対応してくれる「治療」ではありますが、薄毛自体は病気ではないため保険が効かない自費診療となります。

皮膚科が専門クリニックに比べて比較的安価なイメージがあるのは、投薬治療が基本だからです。専門クリニックは治療の選択肢がありますが、コスト面がネックになることは間違いないでしょう。

本気でつむじハゲ治療するなら皮膚科+育毛剤

 

 

 

 

 

つむじハゲの改善に重要なのは「抜け毛を遅らせること」と「育毛促進」の2点です。それができるのはAGAクリニックです。

でも費用が高いです。それに投薬も注射も植毛手術もすべてこなせるAGAクリニック最大手のアイランドタワークリニックですら東京・大阪・福岡・名古屋の4都市にしかありません・・・

つむじハゲの悩みは尽きません。徐々に進行する脱毛と、生えてこなくなる髪の毛たちに甘んじたくはないですよね。まだまだこれからの私たちですから、治療自体を諦めたくはありません。

育毛剤でつむじハゲを改善する方法

 

 

 

 

 

専門クリニックに通うことは厳しいという人におすすめは、ずばり「育毛剤」です!もう十分試したよ、という方はもう少しだけ話を聞いてください。

専門クリニックに通うことが厳しくても、皮膚科なら近所でもどこでもあるため通えますよね。皮膚科が専門クリニックに比べて弱い点は、育毛促進の面です。

皮膚科では、厚生労働省認可のつむじハゲ進行抑制成分フィナステリドやデュタステリドの配合薬を処方してもらえます。つり革広告でも宣伝されている人気の育毛剤には、これまた厚生労働省が認めている育毛促進成分が配合された薬用育毛剤があります。

皮膚科の投薬治療による抜け毛の抑制と薬用育毛剤による発毛促進。この合わせ技こそが、つむじハゲ改善のために今すぐにあなたができる最善の策です。

厚生労働省が効果を認めた薬用育毛剤おすすめランキング

コメント